広域道路網交通流シミュレーションシステム SOUND Ver.5

SOUND.png Simulation On Urban road Network with Dynamic route choice

広域道路網交通流シミュレーションシステム「SOUND」は、東京大学生産技術研究所での研究をもとに、入力データ作成機能やアニメーション機能、結果表示機能などをパッケージ化した商用ソフトウェアです。最新のVer. 5 では、街路網交通流シミュレーションシステム「AVENUE」とユーザーインタフェース部分を統一し、より使いやすくなりました。都市圏規模の広域ネットワークを対象とした面的な施策評価や環境インパクト評価でお役に立ちます。

サウンド―図.png
図:東京都区部速度分布                図:アニメーション画面

SOUNDの特徴

  • 数km~数100km規模の広域道路ネットワークにおける面的な施策評価に適用可能
  • 道路区間毎に与えた交通流特性式(Q-K式)により、粒状の車両を走行させるメソモデルを採用
  • 車種毎の動的経路選択モデルで、走行中の交通状況変化や通行料金に応じた経路選択を表現可能
  • 事故や工事による車線閉塞、道路通行止めなどの交通規制を設定可能
  • 信号制御や交差点部付加車線、右左折禁止などの交通運用策を表現可能
  • カスタマイズにより、各種の情報提供サービスの評価が可能

システムの機能

  • 対話的なデータ作成・編集からシミュレーション実行までの操作を1パッケージで実現
  • デジタル道路地図データやゾーンポリゴン形状のインポート機能で、データ作成を効率化
  • 計算中の2D/3Dアニメーション表示機能に加え、一度計算した結果の動画再生もサポート
  • レイヤー管理方式で部分ネットワークの置き換えや背景画像の表示が可能
  • プロジェクト管理モードで、複数のシミュレーションケース設定を一元管理
  • バッチ計算モードで、複数のシミュレーションケースを連担して実行

サウンド―図.png
図:ゾーン形状読み込み                図:3Dアニメーション

サウンド―図.png
図:信号現示設定                図:道路区間別CO2排出量推計値

適用事例