研究・開発

 ITLは大学発ベンチャーとしての優位性を活かし、東京大学生産技術研究所を中心とする大学グループと連携して研究成果のスピンオフを実現すべく、研究活動・商品開発を行っています。

ITL技術マップ

development_top.jpg

データ収集・調査技術

  1. プローブデータからの3次元車両挙動の推定
  2. 複数カメラ画像による長距離区間の3次元車両挙動推定
  3. 効率的なデータ収集のためのプローブ車両配備計画

シミュレーション開発・利用技術

  1. 街路網交通流シミュレーションAVENUE
  2. 広域都市道路網交通流シミュレーションSOUND
  3. シミュレーションモデルの標準検証プロセス
  4. シミュレーションモデル検証用ベンチマークデータセットの整備
  5. 路側観測交通量からのOD交通量推定
  6. 現況再現性向上のためのシミュレーションパラメータ自動調整
  7. 信号制御アルゴリズム評価用シミュレーションプラットホーム

交通需要と旅行時間の予測技術

  1. WWW上での渋滞予想情報への利用者アクセス状況にもとづく動的な交通需要予測
  2. アップリンク情報を利用した高速道路での旅行時間推計
  3. VICS蓄積情報に基づく旅行時間の統計予測
  4. プローブデータとVICSデータを融合した旅行時間推計手法

安全性評価技術

  1. WWWヒヤリ地図による潜在危険地点の情報収集と評価
  2. プローブデータによる車両の特異挙動の抽出と評価

環境インパクト評価技術

  1. 微視的な車両挙動データに基づく燃料消費量の推計
  2. 微視的な車両挙動データに基づくNOx排出量の推計
  3. 精緻な排出量推計モデルのシミュレーションへの組み込み

交通管理・制御技術

  1. 交通需要の時間・空間分散効果の推定
  2. 都市内高速道路のランプ流入制御によるシステム最適化
  3. プライシングによる最適な需要の時間分散施策の理論解析
  4. シミュレーションによる東京都ロードプライシング政策評価
  5. リアルタイム情報を活用した信号交差点のモデル規範制御
  6. シミュレーションを用いた各種信号制御方式の仮想社会実験
  7. 環境インパクト軽減を目的とした信号制御方式

データウェアハウス

  1. プローブデータのクレンジングとトリップ情報抽出
  2. プローブデータからの渋滞パターン抽出
  3. プローブデータのオフラインマップ照合
  4. 時系列データへの問い合わせ手段を完備した空間情報データベース

情報提供・モニタリング技術

  1. プローブデータを用いた街路上の異常事象検出
  2. 感知器データを用いた都市内高速道路での異常事象検出
  3. プローブデータを用いた渋滞損失のモニタリング
  4. プローブデータを用いたNOx・CO2排出強度のモニタリング
  5. 渋滞予測情報とアクティビティ情報のセット提供による利用者行動変化の分析
  6. タクシー営業活動パターンの分析

ITS評価・整備計画技術

  1. ETC導入による道路ネットワーク全体での渋滞緩和効果
  2. 移動体軌跡の同定のための路側通信メディア最適配置